厳選! マニアも唸る「ガンダム」トリビア!! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

厳選! マニアも唸る「ガンダム」トリビア!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

妹のセイラに別れを告げるシャア (c)創通・サンライズ

妹のセイラに別れを告げるシャア (c)創通・サンライズ

デンドロビウムの中央部に収まるのがガンダム(左)(c)創通・サンライズ“メガ幸子”にも似ている(右) (c)朝日新聞社

デンドロビウムの中央部に収まるのがガンダム(左)(c)創通・サンライズ
“メガ幸子”にも似ている(右) (c)朝日新聞社

 日本アニメの常識を変えた『機動戦士ガンダム』。キャラクターデザインとアニメーションディレクターとを担った安彦良和が、シャア・アズナブルを中心に「一年戦争」以前の過去を描く『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』。その第3弾「暁の蜂起」の公開を記念して、ガンダム専門コミック誌のガンダムエース編集部(KADOKAWA)と週刊朝日編集部がタッグ。週刊朝日に掲載した「機動戦士ガンダム」シリーズなど16本トリビアのうち、5本の「へぇ」を厳選して紹介する。ガンダムトークで「僕は、あの人に……勝ちたい」アナタに送るガンダムトリビアをどうぞ。

【1】アムロは小説版ガンダムで戦死していた!?
 ファーストガンダム(「機動戦士ガンダム」1作目)当時、富野由悠季(よしゆき)総監督自ら執筆した、小説版ガンダムが出版されている(現在「角川スニーカー文庫」から発売中)。

 終盤にシャアが乗るモビルスーツがゲルググやジオングではなくリック・ドムだったり、アムロとセイラのベッドシーンがあったり(作家の福井晴敏さん談「当時小学校高学年の自分にとってはとても刺激的でした」)、アニメとはストーリーやディテールが異なる描写も多いが、中でも衝撃的なのが、アムロが戦死するシーン。

 シャアとの共闘を決めようとしたそのとき、ジオン兵にアムロのガンダムは唐突に撃墜される。もしアニメも小説版と同じラストを迎えていたら、現在まで続く一大ガンダムストーリーはなかったかもしれない。

【2】ガンダムの初期タイトルは「ガンボーイ」
 新番組の企画として、当初は『十五少年漂流記』の宇宙版が考えられていたという。タイトル案は「フリーダムファイター」。その後、ロボットを出してほしいとのスポンサーの要望で、「パワードスーツ」を下敷きにしたSF格闘モノに改められた。そのタイトルが「ガンボーイ」。ふたつの原案の名前をそれぞれとって、「ガン(ボーイ)+(フリー)ダム」で、「ガンダム」に結実する。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   ガンダム をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加