英エコノミスト誌記者「日本の記者の忖度はなんとかならないか」

2016/05/12 07:00

 国連の特別報告者から「報道の独立性は重大な脅威に直面している」と懸念される日本。外国の記者たちが理解しがたい日本の“忖度”報道もそのひとつだ。英エコノミスト誌記者のデイビッド・マックニール氏が、苦言を呈す。

あわせて読みたい

  • ダメ出しされた安倍政権とメディアの自己規制

    ダメ出しされた安倍政権とメディアの自己規制

    週刊朝日

    5/12

    薄ら笑いを浮かべる首相とメディアの共犯性…国境なき記者団の特別報告者が驚いた日本の記者たちの現状

    薄ら笑いを浮かべる首相とメディアの共犯性…国境なき記者団の特別報告者が驚いた日本の記者たちの現状

    dot.

    1/19

  • 東京新聞・望月記者を恐れる官邸 いま政治取材の現場で起きている「異常事態」とは

    東京新聞・望月記者を恐れる官邸 いま政治取材の現場で起きている「異常事態」とは

    dot.

    7/3

    同調圧力

    同調圧力

    週刊朝日

    8/30

  • 「菅政権になったら今より隠蔽国家になる」 宿敵・望月衣塑子記者が語る菅義偉氏の“別の顔”

    「菅政権になったら今より隠蔽国家になる」 宿敵・望月衣塑子記者が語る菅義偉氏の“別の顔”

    dot.

    9/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す