移転まで半年! 編集部おすすめの築地グルメを紹介 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

移転まで半年! 編集部おすすめの築地グルメを紹介

魚河岸 鮨文おまかせにぎりコース 3850円(撮影/写真部・堀内慶太郎)

魚河岸 鮨文
おまかせにぎりコース 3850円(撮影/写真部・堀内慶太郎)

築地虎杖 魚河岸千両元祖・海鮮ひつまぶし 2570円(撮影/写真部・堀内慶太郎)

築地虎杖 魚河岸千両
元祖・海鮮ひつまぶし 2570円(撮影/写真部・堀内慶太郎)

■築地場外市場
築地市場に隣接し、食関連の店舗が約400も軒を連ねるエリア。その中から、個性派で人気の2店を紹介!

<築地青空三代目 hafu->
自由な発想が生み出した丼のワンダーランド/本マグロ大トロ炙り丼 3000円
「カタチにとらわれず、進化する海鮮料理がコンセプトです」と店長の岡崎超さん。その言葉通り、ランチタイムには創作丼がずらりと並ぶ。なかでも人気は「本マグロ大トロ炙り丼」。その時々で一番いいマグロを仕入れ、大ぶりに切った大トロに煮切り醤油で下味をつけ軽く炙る。ほおばると口の中でマグロがほどける。大トロ=刺し身という常識が覆る味だ。温泉タマゴの黄身をつけて食すと、また新たな味わいに。
【営業】10:00~15:00、17:30~23:00/不定休
【住所】東京都中央区築地4-13-5

<築地虎杖 魚河岸千両>
1食で3度おいしい海鮮丼/元祖・海鮮ひつまぶし 2570円
 場外市場に14店舗を展開する「築地虎杖」の名物といえばこちら。マグロ、白身魚、金目鯛、甘エビ、ホタテ、いくらなど全12種類の魚介が詰まった桶はまさに“宝石箱”。まずはウニを横によけて海鮮丼として1膳目、続いて酢飯がウニの黄色に染まるまでしっかり混ぜてウニご飯として2膳目。仕上げは熱々の昆布出汁をかけてお茶漬けとして召し上がれ!
【営業】月~土7:00~23:00(L.O.22:30)、日祝~21:00(L.O.20:30)/無休
【住所】東京都中央区築地4-10-14 樋泉ビル

週刊朝日 2016年5月6-13日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい