青木功新会長誕生へ ゴルフ界は変わるのか? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

青木功新会長誕生へ ゴルフ界は変わるのか?

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
青木功新会長に期待!(※イメージ)

青木功新会長に期待!(※イメージ)

 松山英樹(24)など世界に通用する選手も多い日本男子ゴルフ界。日本ゴルフツアー機構(JGTO)の次期会長に、日本の男子で初めて世界ゴルフ殿堂入りを果たした青木功氏(73)が就任した。丸山茂樹氏はこのことに大きな期待を寄せる。

*  *  *
 米PGAツアーの「ホンダ・クラシック」(2月25~28日、米フロリダ州パームビーチガーデンズのPGAナショナル)で、松山英樹は股関節に違和感があるため、2日目のスタート前に棄権しました。

 まあ、今シーズンはもう優勝もしてますし。無理してもしょうがないですからね。ちょうどフロリダでキャンプに入ってる大リーグ・マーリンズのイチロー(42)に会いに行ったというニュースもありましたし、リラックスした時間を過ごせてるようで、いいんじゃないでしょうか。

 この試合、優勝したのは35歳のアダム・スコット(オーストラリア)。2シーズンぶりとなる米ツアー通算12勝目でした。

 長尺パターの一部を体で固定して打つ「アンカリング」を規制する新ルールが、今年1月から施行されました。アダムはこの打ち方で2013年のマスターズに優勝。規制を前に昨年初めからレギュラーサイズのパターを使ったんですけどしっくりこず、長尺パターに戻していました。昨シーズンはフェデックスポイントランキングで106位と散々でした。そして昨秋から本格的にこの問題に向き合い、長尺パターを手放しました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい