消えゆく高度経済成長期の残照 霞ケ丘アパート最後の日々

2016/01/29 16:00

 新国立競技場建造に伴い、隣接する団地が取り壊される。都営霞ケ丘アパートの住民百二十数世帯は、住み慣れた家から1月中に退去する。団地内唯一の商店を舞台に繰り広げられた最後の日々――。

あわせて読みたい

  • 新国立“ザハ案”消えて気になる 立ち退きとタヌキ

    新国立“ザハ案”消えて気になる 立ち退きとタヌキ

    週刊朝日

    8/3

    霞ヶ丘アパート 最後の日々

    霞ヶ丘アパート 最後の日々

    1/29

  • 映画「東京オリンピック2017 都営霞ケ丘アパート」の青山真也監督。開会式にみる「失望と矛盾」

    映画「東京オリンピック2017 都営霞ケ丘アパート」の青山真也監督。開会式にみる「失望と矛盾」

    AERA

    7/29

    東京五輪失敗の根本原因はコロナではない 経済思想家・斎藤幸平

    東京五輪失敗の根本原因はコロナではない 経済思想家・斎藤幸平

    AERA

    8/8

  • 五輪の強行開催にはらむ「グロテスクな矛盾」とは? 武田砂鉄×安田菜津紀

    五輪の強行開催にはらむ「グロテスクな矛盾」とは? 武田砂鉄×安田菜津紀

    AERA

    7/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す