SMAP騒動 得した人損した人 新橋のオジサン3分の2が支持「キムタク処世術」は吉か (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

SMAP騒動 得した人損した人 新橋のオジサン3分の2が支持「キムタク処世術」は吉か

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#SMAP
新橋のサラリーマンはキムタク支持?

新橋のサラリーマンはキムタク支持?

 日本中を揺るがせた「SMAP解散騒動」は、1月18日の「SMAP×SMAP」で放送された“生謝罪”で、一応の収束を見せた。

 大山鳴動して、拍子抜け。だが、一連の騒ぎによる余波は、意外なところにも及んでいた。“損得収支”を見てみよう。

 まずは騒動を大々的に報じたスポーツ紙やテレビ局。部数や視聴率を伸ばしてホクホク顔だ。“棚ぼた”は、レコード会社や楽曲提供者。

 中でも断トツは「世界に一つだけの花」を作詞・作曲した槇原敬之(46)といわれる。「解散」第1報の直後からファンは回避のために購買運動を始め、21日付のオリコンデイリーランキング(シングルCD)では2位。レコチョク週間ランキング(1月13〜19日)では、トップに躍り出た。

「約260万枚のヒットで既に稼ぎは億単位ですが、再びバカ売れ。懐は相当温まるはずです」(音楽業界関係者)。

 槇原本人はというと、

「楽曲提供を含め、これまで何度もSMAPさんとお仕事をさせていただいており、また、いちファンとして一連の動向に胸を痛めているようでした」(事務所担当者)

 思わぬ“漁夫の利”を素直に喜べない状況のようだ。

 不倫報道で清純キャラ株が大暴落したベッキー(31)も、目くらましになって得した口だろう。さらに「相手の『ゲスの極み乙女。』川谷絵音(27)こそが焼け太り」と言う指摘も。

「昨年9月に発売されたSMAPの最新曲『愛が止まるまでは』の作詞・作曲者は、実は川谷。曲が注目され入る印税も増えるはず」(芸能プロ幹部)

 さて、損したのは誰か。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい