「戦死」ではなく「公務死」? 自衛官、いまそこにある危機

安保法制

2015/11/13 07:00

 自衛官にとっての「危機」は、すぐそこに迫っている。自衛隊が南スーダンで実施している国連平和維持活動(PKO)の任務に、来年11月の派遣部隊の交代時から、今回の法改正によって合法とされた「駆けつけ警護」を加えることが検討されているのだ。

あわせて読みたい

  • 「命の値段」もコストカット? 自衛官の遺族補償は今後どうなるのか

    「命の値段」もコストカット? 自衛官の遺族補償は今後どうなるのか

    週刊朝日

    11/13

    靖国合祀に2つの「新たな課題」 賊軍合祀と、A級戦犯の宮司預かり

    靖国合祀に2つの「新たな課題」 賊軍合祀と、A級戦犯の宮司預かり

    AERA

    1/10

  • 稲田防衛相「自衛隊もお願い」発言が自民党誤射

    稲田防衛相「自衛隊もお願い」発言が自民党誤射

    AERA

    7/4

    海外に派遣された自衛隊に戦死者が出たら天皇陛下は葬儀に出席されるのか? 憲法改正で新たな議論の可能性

    海外に派遣された自衛隊に戦死者が出たら天皇陛下は葬儀に出席されるのか? 憲法改正で新たな議論の可能性

    AERA

    9/27

  • 来年2月施行で防衛省「武器使用拡大」 安保法制が自衛隊員を殺す

    来年2月施行で防衛省「武器使用拡大」 安保法制が自衛隊員を殺す

    週刊朝日

    8/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す