「カタい」と評判の女優が結婚した“破滅型”の俳優とは? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「カタい」と評判の女優が結婚した“破滅型”の俳優とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
「意外にね、思ったより普通の人だったの」(※イメージ)

「意外にね、思ったより普通の人だったの」(※イメージ)

 6歳年下の妻・白坂紀子さんを「この子はね」と愛おしそうに語る俳優の志垣太郎さん。仲間内でも「カタい」と有名だった白坂さんが、破滅型と思えた志垣さんを選んだ決め手とは?

*  *  *
妻:意外にね、思ったより普通の人だったの。

夫:そんなにイメージ悪かった?

妻:プレイボーイ的な週刊誌ネタとか、毎日六本木でお酒を飲んで豪遊しているとか、いろいろ耳にするとね。

夫:僕は当時30歳。確かにそれまでにいろんなことがあった。

妻:会ったころはよく飲んだくれて「僕は3畳一間で、野垂れ死にするから、いいんだよ」みたいに言うんですよ。格好つけちゃって。

夫:僕が大学に入ったのはちょうど学生運動が終わったころ。時代の雰囲気もまだまだそういう感じですよ。役者はみんな頭でっかちで「女とイチャイチャするよりも男同士で論争!」。女の子はそういう男の姿を見て好きになる、みたいなね。

妻:私思ったの。絶対にこの人は短命に違いない。それで「なんとか体を助けてあげたいな」という気持ちになっちゃった。

夫:彼女はカタいと有名だったんです。実家暮らしで一人娘だし、デートなんてしないって。俺の友達もずいぶんこの子にモーションかけていたんだ。

妻:もういいわよ、そんな昔の話(笑)。

夫:いまだに「なんで俺だったのか」言ってくれないんですけどね。

妻:うーん、なんて言うんだろうな。飲んだくれだし、破滅型だと思ったけど、やっぱりどこか堅物のところがあったんですよね。大きく分けたときに同じ空間にいる人かな、とだんだん思えてきた。それにプロポーズの1週間くらい前に人間ドックに行ってくれてたんです。「何もないか確かめてから結婚しよう」って。やっぱりちゃんとしている人だなって思いました。

(聞き手・中村千晶)

週刊朝日 2015年10月30日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい