「月9殺し」杏の恋愛ドラマ、シリーズ化をカトリーヌあやこが熱望 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「月9殺し」杏の恋愛ドラマ、シリーズ化をカトリーヌあやこが熱望

連載「てれてれテレビ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
「デート」のシリーズ化を熱望!(※イメージ)

「デート」のシリーズ化を熱望!(※イメージ)

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏は、「デート~恋とはどんなものかしら~2015夏 秘湯」(フジテレビ系、9月28日21:00~)を絶賛する。

*  *  *
 東大出の国家公務員の依子29歳(杏)と、自称・高等遊民のニート巧35歳(長谷川博己)。この恋愛不適合者の二人が織りなす、ままならぬ恋物語。2015年1~3月期に放送された連続ドラマのSP版だ。

 冷静かつ合理的な依子の精一杯可愛いキメ顔=あひる口は、ほぼホラー。非生産的な巧が必死で踊りまくるフラッシュモブ(雑踏の中の人々が実はダンサーで、いきなり踊り出すパフォーマンス)プロポースは、見ているこちらが身もだえするほどの恥ずかしさ。

 恋愛ドラマの代名詞的「月9」という枠なのに、クリスマス、大晦日カウントダウン、バレンタインというラブラブイベント幻想を、ことごとく打ち砕いた見事な「月9殺し」っぷり。恋愛ドラマを論理的に解体して構築しなおし、けっこういい年した男女のみっともなさも、必死さも浮き彫りにしたら、ちゃんと恋物語になってました……という傑作なのだ。

 今回のSPも、変わらぬ理詰めっぷり。ただ見つめ合ったり、なんとなくどうでもいいこと語り合ったりする、いわゆる恋愛ドラマの余白部分は、ほとんど無い。そこを埋め尽くしているのは、すみずみまで張りめぐらされたネタフリと、オチの回収だ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい