「キザな男!」「気取ったお嬢さん」が第一印象 小池真理子・藤田宜永夫妻の不思議 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「キザな男!」「気取ったお嬢さん」が第一印象 小池真理子・藤田宜永夫妻の不思議

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#夫婦
小説家の藤田宜永さん(左)と小池真理子さん夫妻(撮影/写真部・堀内慶太郎)

小説家の藤田宜永さん(左)と小池真理子さん夫妻(撮影/写真部・堀内慶太郎)

夫:人気エッセイストの小池真理子が、パリ帰りのジゴロみたいな男にひっかかったと。おまけにそいつは、弁護士を立てて離婚係争中だって。誰とももめてないっていうのに。

妻:今はもうない、祥伝社の「微笑」でした。たまたま編集者と懇意だったので、事情を説明して、どうにか普通の交際報道におさめて。

夫:僕は長年不在だったので、住民票が抹消されてた。当然、国民健康保険も厚生年金もない。二人で部屋を借りようにも、彼女名義じゃないと契約できない。

妻:契約のとき、彼がいないところで不動産屋の担当者が「ああいう男は絶対だめだ。まだ間に合うから別れなさい!」って。もう、おかしくておかしくて。それでも、不思議と不安はありませんでしたね。

夫:僕も彼女がそんなに有名なエッセイストだなんて知りませんでした。本屋には彼女の本が並んでるし、雑誌にも出ていた。へぇ、と思って手に取ってみたら、彼女、「こんな男はやめなさい」的なことを10カ条にしていて。僕、そのうち九つあてはまるんですよ! さすがに笑いましたね。

週刊朝日  2015年10月9日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい