室井佑月「なんなんですかね?」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

室井佑月「なんなんですかね?」

連載「しがみつく女」

このエントリーをはてなブックマークに追加
自民党だけでなく、民主党議員にも失望する(※イメージ)

自民党だけでなく、民主党議員にも失望する(※イメージ)

 参議院本会議で可決、成立した安保法案。法案に反対していた作家・室井佑月氏は自民党だけでなく、民主党議員にも失望する。

*  *  *
 安保法が9月19日の未明、参議院本会議で可決、成立した。これで日本は自国が攻撃されていない場合でも、他国の戦争に参加することが可能になった。安倍政権により、いとも簡単に、この国の戦後70年の平和主義は変えられた。

 安保法、各メディアの世論調査だと約6割の国民が反対し、約8割が今国会での成立には「説明不足」としているのに。

 メディアは世論調査の結果を、他人事のように伝えた。8割が説明不足という結果は、メディアへの評価でもあると、あたしは思う。

 国会審議は、どうしてテレビで中継されなかったのか。「説明不足」と感じている国民にとって、推進派と反対派が喧々囂々(けんけんごうごう)やり合っている国会審議を見ることが、この法案のいちばんの理解の手立てになったのではないか。

 メディアは自分たちの意見をいいたがらず、街の人の声に頼ることが多くなった。賛成・反対を半々で載せる、もしくは流す。割合からすると、それはおかしなことだ。でももっとおかしいのは、賛成の人の意見は、個別的自衛権の強化を求める声であって、今回の憲法の解釈を歪め、集団的自衛権行使容認をどう考えるかという問題からズレていても、まったく気にしていないところ。そのまま、載せる、流す。自分らの仕事が不味いと、頭を抱えたりしない。

 とここまで書いたところでニュースで、共産党が安保法の廃止を目指して、来年夏の参議院選挙に向けて、ほかの野党との選挙協力を呼びかけている、と流れてきた。

 詳しく知りたくて、志位さんの会見を見てみた。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい