藤原竜也 ユースケ・サンタマリアと共演で「自分はまだまだ」と反省? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

藤原竜也 ユースケ・サンタマリアと共演で「自分はまだまだ」と反省?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 映画「探検隊の栄光」では、未確認生物を求め、秘境の地を探検するテレビ番組で、隊長役に挑む落ち目の俳優を演じる。監督が「壮大なコント」という同作への出演は、藤原竜也自身にとって新境地となった。

「ワニと格闘したり、原始猿人が出てきたり変な現場でしたね(笑)。この作品でユースケ(・サンタマリア)さんと共演し、納得のいく面白さを追求するアドリブや計算された台本の読み方を見て、自分はまだまだだな、と」

 現場も映画さながらのワイルドさだったという。

「富士山の樹海で撮影したり、トカゲを食べたり過酷で。本当は高所恐怖症でカナヅチ、虫が嫌いなので(笑)」

 今上半期は、蜷川幸雄が演出を手掛けた舞台「ハムレット」に12年ぶりに出演した。

「蜷川さんとの集大成。半年やって、最後をロンドンで迎えられたことに尽きる。今はゆったりとアンテナを張りつつ、目の前の仕事に全力で取り組みたいですね」

週刊朝日 2015年10月2日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい