北原みのり「オジサマからのテロ」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「オジサマからのテロ」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加

女は時折、「オジサマからのテロ」にあう

女は時折、「オジサマからのテロ」にあう

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。北原氏は女性がときどき遭遇する「オジサマからのテロ」についてこう説明する。

*  *  *
 先日、男性からメールが届いた。小さい集まりで知り合った70代の方で、こんなことが書いてあった。「貴女の態度が不愉快だ。私の話を聞こえないふりをし、幼稚な態度に呆れる」

 この男性は、現役時代は大企業勤めのエリートで、夫婦でその場に参加されていたはずだ……ということは思い出せるのだけど、彼が何を怒っているのか、分からなかった。

 何が問題だったのだろう。じっくり考えて、もしかしたら、と一つだけ思い当たった。私は彼が楽しそうに話したジョークに、笑わなかったのだ。妻に対する皮肉を込めたもので、気分のいいものではなかったが、確かに私以外の人たちは、笑っていた。私と彼が会話したのは、そのときだけだ。

 善良な男の人には信じられないかもしれないが、女は時折、「オジサマからのテロ」にあう。会話時に笑わないとか、褒めないとか、オジサマより面白いこと喋っちゃうとか、そんな理由で気分を害するオジサマたち、少なくないんだよね、日本社会。

 これはもちろん、女も悪い。男と話すときに変なスイッチが入ってしまって、「すごーい」しか言わなくなったり、高い声で相づちを打つだけの人形になったり、男が望む反応を率先して演じたりなどして、ダメ男を養成してしまう女も、少なくない。あーあ困ったもんだと、ぐったりしてたら、スタッフが同じようにぐったりした顔で「相談がある」と言ってきた。

「男性から電話注文を受けたんですけど、話を聞いてくれないんです」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい