丸山茂樹がタイガー・ウッズに「よかったなあ」と思った瞬間 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹がタイガー・ウッズに「よかったなあ」と思った瞬間

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、国内では若手選手の活躍が目覚ましい(※イメージ)

近年、国内では若手選手の活躍が目覚ましい(※イメージ)

 近年、国内では若手選手の活躍が目覚ましいゴルフ界。世界でも同じく、ジョーダン・スピース(22)=米国=が自身初の世界ランキングトップに立った。丸山茂樹氏はゴルフが「『パワーゲーム』の時代になった」と分析する。

*  *  *
 今シーズンの海外メジャー最終戦となる全米プロゴルフ選手権(8月13~16日、米ウィスコンシン州ウィスリングストレイツ)は、27歳のジェイソン・デイ(オーストラリア)がメジャー初優勝を飾りました。トータル20アンダーの堂々たる勝ちっぷりでした。

 いやあ、ついにやりましたね。ジェイソンはこれまでメジャーで惜敗を繰り返してきました。過去20試合に出てトップ10が9度だったんですから。今年の全米と全英オープンでも、ともに最終日を首位で迎えながら9位と4位……。

 全米オープンのプレー中にも持病のめまいが出たんですけど、最近は薬で三半規管の機能を安定させるのに成功したんですって。それで7月下旬のRBCカナディアンオープンで今シーズン2勝目。上々のコンディションで臨んだ試合でした。これまで手が届きそうで届かなかったメジャーの頂点。優勝を決めた18番のグリーン上で、ジェイソンの涙は止まらなかった。

 彼が米ツアーに本格参戦した2008年は、僕が最後にアメリカを主戦場にした年。よく一緒に回りました。球は飛ぶけど、ほとんどフェアウエーにいない。当時はそんな男でした。

 そのころに僕の一人息子の奨王(ショーン・15)とも遊んでくれたりしてね。だから今年の全英オープンに僕が解説の仕事で行ったときも、一緒に来てた息子のところに駆け寄って、話しかけてくれましたよ。ほんと、心から「おめでとう」を言いたいです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい