追悼“知の巨人”鶴見俊輔さん 殺人犯も恐れぬ意外な理由 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

追悼“知の巨人”鶴見俊輔さん 殺人犯も恐れぬ意外な理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
食べることが好きで、目新しい料理が出ると目を輝かせたという (c)朝日新聞社 

食べることが好きで、目新しい料理が出ると目を輝かせたという (c)朝日新聞社 

 映画評論家の佐藤忠男さん(84)は「つながりを大切にする方」と評す。初めて「思想の科学」に映画の評論を送ったときのことだ。

「単に採用、不採用とかではなく、励ましの言葉を十何枚もの便箋にしたためてあった。長い時間かけて書いてくださったんです」

 フリーライターの永江朗さん(57)は、京都の自宅で子ども時代の話を聞いたことがある。印象深かったのは、日米開戦後、渡米していた鶴見さんが無政府主義者の容疑で勾留されたときのこと。殺人犯と同じ房になったという。

「『怖くなかったのか』と尋ねると、鶴見さんは『怖いわけがない。人を殺すくらい純粋でいい人なんだから』と笑うんです。そんなものの見方があるのかと感心しました」(永江さん)

 過酷な戦争体験が反戦の原点となり、平和を訴え続けた。惜しむ声はやまない。

「今のこの時代に必要な方。その思想と姿勢を受け継ぎたい」と落合さん。黒川さんは言う。

「60代ぐらいから持病があり、遅かれ早かれそういうことになると覚悟はしていた。でも、そのときから30年以上も現役プレーヤーとして先頭に立ってくれた。ありきたりな言葉だけれど、長生きしてくれて本当にありがとう」

週刊朝日 2015年8月7日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい