いきなり肉体美披露 ツッコみだらけの山Pドラマ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

いきなり肉体美披露 ツッコみだらけの山Pドラマ

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ドラマ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏は、野島伸司脚本監修のドラマ「アルジャーノンに花束を」に注目する。

*  *  *
 一番衝撃だったのは、主人公の父親役・いしだ壱成が風に吹かれる柳のような(髪の毛のことじゃないですよ)ヒョロヒョロのおじいちゃんになっていたこと。いしだ壱成といえば「未成年」など、ある時期野島ドラマの申し子だったのに、時の流れは恐ろしいね、アルジャーノン。

 さて、このドラマの主人公・咲人役は山Pこと山下智久。実験マウス・アルジャーノンと同じ脳手術を受け、6歳並みと言われていた知能が飛躍的に向上する。

 これがもうハンパない向上っぷりなんですよ。あっちゅー間に英語ペラペラ、学会で自分の症例を発表したと思えば、喧嘩の際は相手を一発でKOする拳闘技術もゲット。

 さらにストーリーに関係なく、いきなり研究室で着替え始め、いつ鍛えてたんだ?ていうムキムキの肉体美を視聴者にサービスすることも忘れない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい