田原総一朗&岡田克也民主代表が沖縄問題に「安倍政権の対応、信じられない」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗&岡田克也民主代表が沖縄問題に「安倍政権の対応、信じられない」

連載「ギロン堂」

岡田克也民主党代表おかだ・かつや 1953年、三重県生まれ。旧通産省入省後、90年に衆院初当選。93年に自民党を離党し、新進党などを経て98年の民主党結成に参加。2009年の政権交代後、外相、副総理などを歴任。15年1月、党代表に就任(撮影/写真部・植田真紗美)

岡田克也
民主党代表

おかだ・かつや 1953年、三重県生まれ。旧通産省入省後、90年に衆院初当選。93年に自民党を離党し、新進党などを経て98年の民主党結成に参加。2009年の政権交代後、外相、副総理などを歴任。15年1月、党代表に就任(撮影/写真部・植田真紗美)

岡田:沖縄担当大臣もいますが、やはり知事のカウンターパートは官房長官ですよ。それこそ菅官房長官が尊敬する梶山静六氏もそうだった。それは菅さんもわかっているはずです。

田原:梶山さんは橋本内閣のときの官房長官ですよね。岡田さんはこの問題、どうすべきだと思いますか。

岡田:私が鳩山由紀夫政権の外務大臣だったとき、普天間の移設先は最終的に辺野古しかないと考え、日米間で合意しています。

田原:だけど、鳩山さんは2009年の衆院選で「最低でも県外」と言いましたよね。鳩山さんは最近も、岡田さんが外務大臣として「最低でも県外」に協力してくれなかったことに不満を漏らしていました。

岡田:(苦笑して)鳩山さんとは十分協力して一緒に悩んだと思うんですがね。鳩山さんは政権がスタートして2、3カ月は「県外」だと言っていましたが、09年12月には、やはり無理だと事実上判断された。日米合意は閣議決定をしているわけですから、私が勝手にアメリカと交渉して決めたわけではありません。

(構成 本誌・小泉耕平)

週刊朝日 2015年4月17日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい