自己顕示欲はないが「ウケたい! モテたい!」と即答した俳優とは?

2014/08/29 16:00

 大学4年生のとき、三宅弘城さんは「親子の縁を切ってもいいから、芝居をやっていきたい」と、電話で母親に打ち明けた。すると、「一人息子がやりたいと言っていることに反対なんてしないのに、どうして“親子の縁を切ってもいい”なんて言うの」と泣かれてしまったことがある。行き過ぎた意思表示だったと、電話を切ってから反省した。芝居を志したことなど一度もなかった。音楽は好きだったけれど、大学に進んでから、音楽の趣味の合う人に出会えなくて、「このまま就職するのかな」と半ば諦めかけていたとき、「ナイロン100℃」の前身である「劇団健康」の芝居に出会った。「芝居でも、こんなにパンキッシュな表現ができるんだ」と衝撃を受けた。

あわせて読みたい

  • “地味なのに誰よりも性欲が強い女子大生”役で注目された女優は?

    “地味なのに誰よりも性欲が強い女子大生”役で注目された女優は?

    週刊朝日

    10/22

    林真理子 実母の“執念”に驚き新作執筆

    林真理子 実母の“執念”に驚き新作執筆

    週刊朝日

    9/18

  • 「リーガルハイ」脚本家 女優とウワサになるには…

    「リーガルハイ」脚本家 女優とウワサになるには…

    週刊朝日

    3/24

    「ネットで叩く」側の論理 誰が「私刑」を執行するのか

    「ネットで叩く」側の論理 誰が「私刑」を執行するのか

    AERA

    8/29

  • 少子化の中なぜ増える「なんちゃって大学」

    少子化の中なぜ増える「なんちゃって大学」

    AERA

    11/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す