年間1700人が死亡…気管支喘息のさまざまな治療法

病気

2014/08/29 07:00

 呼吸困難などの発作を繰り返す喘息(ぜんそく)。65歳以上の高齢者を中心に年間約1700人超が命を落とす病気だ。治療の中心は吸入による薬物療法だが、近年、配合剤を中心に薬物治療は進化。より操作が簡便で高い治療効果を併せ持つ薬が相次いで登場している。

あわせて読みたい

  • 壊れた肺を元に戻せない病気「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」 新薬が目覚ましい進歩

    壊れた肺を元に戻せない病気「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」 新薬が目覚ましい進歩

    週刊朝日

    10/27

    基本治療が効かない「気管支喘息」の新たな治療法とは?

    基本治療が効かない「気管支喘息」の新たな治療法とは?

    週刊朝日

    3/31

  • 気管支喘息 新タイプの加熱治療登場で減ステロイドへ

    気管支喘息 新タイプの加熱治療登場で減ステロイドへ

    週刊朝日

    10/20

    桂歌丸さん死去 死因「慢性閉塞性肺疾患」は20年以上の喫煙で発症リスク増

    桂歌丸さん死去 死因「慢性閉塞性肺疾患」は20年以上の喫煙で発症リスク増

    週刊朝日

    7/2

  • 「喘息は慢性疾患 治ったと思っても気管の炎症は消えない」と呼吸器科医師

    「喘息は慢性疾患 治ったと思っても気管の炎症は消えない」と呼吸器科医師

    週刊朝日

    7/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す