認知症予防に有効? 「強化食品」の魚肉ソーセージ

健康

2014/07/04 07:00

 認知症予防に有効といわれている食べ物の代表格が魚だろう。「魚を定期的に食べている人は、認知症のリスクが下がる」という研究結果は、世界各国で報告されている。その理由として、魚に含まれる「DHA(ドコサヘキサエン酸)」や「EPA(イコサペンタエン酸)」という栄養素が脳の認知機能に関わっていることが明らかになってきた。

あわせて読みたい

  • 魚食が“健脳”につながる理由を“養生”帯津先生が明かす
    筆者の顔写真

    帯津良一

    魚食が“健脳”につながる理由を“養生”帯津先生が明かす

    週刊朝日

    7/2

    認知症予防なら魚は揚げてはいけない DHAとEPAを損なわない調理法とは

    認知症予防なら魚は揚げてはいけない DHAとEPAを損なわない調理法とは

    AERA

    5/2

  • 認知症予防には脳トレより青魚 DHAとEPAが脳にいい理由

    認知症予防には脳トレより青魚 DHAとEPAが脳にいい理由

    AERA

    5/2

    「味噌汁に牛乳」「緑茶ごはん」…認知症予防の意外なレシピ

    「味噌汁に牛乳」「緑茶ごはん」…認知症予防の意外なレシピ

    週刊朝日

    8/11

  • 魚嫌いに朗報? 認知症に効く「スプーン1杯生活」

    魚嫌いに朗報? 認知症に効く「スプーン1杯生活」

    dot.

    9/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す