お酒で顔が赤くなる人は要注意 食道がんの発症リスクが高い人とは

がん

2014/03/24 07:00

 食道がんは早期で見つかれば内視鏡治療で食道を残せる。だが、診断された人のうち、内視鏡治療を受けられるのは20%程度だ。どうすれば早期に見つかるのか。早期がんの診断に詳しい慶応義塾大学病院内視鏡センター副センター長の大森泰(たい)医師に聞いた。

あわせて読みたい

  • 飲酒習慣に食道がんの発症リスク 医師「患者の8割は赤くなるタイプ」

    飲酒習慣に食道がんの発症リスク 医師「患者の8割は赤くなるタイプ」

    週刊朝日

    4/5

    【頭頸部がん】声や嗅覚を失うことも ウイルス性のものもあり、若い年齢でも発症がみられる

    【頭頸部がん】声や嗅覚を失うことも ウイルス性のものもあり、若い年齢でも発症がみられる

    dot.

    1/31

  • 堀ちえみ、2度の手術で注目される“お酒のリスク”

    堀ちえみ、2度の手術で注目される“お酒のリスク”

    週刊朝日

    5/8

    桜の開花ももうすぐ! お花見シーズン直前の今、知っておきたい「お酒のなぜ」をご紹介!

    桜の開花ももうすぐ! お花見シーズン直前の今、知っておきたい「お酒のなぜ」をご紹介!

    tenki.jp

    3/13

  • 「なぜ、お酒を飲むと人は酔っぱらうの?」日本人が酒に弱い理由を感染症医が語る
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    「なぜ、お酒を飲むと人は酔っぱらうの?」日本人が酒に弱い理由を感染症医が語る

    dot.

    6/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す