黒田官兵衛が遺言状に書いた「恐るべきこと」

ドラマ

2014/03/09 16:00

 司馬遼太郎さんをしのぶ「第18回菜の花忌シンポジウム」が2月1日に東京都文京区の文京シビックホールで開かれ、司馬ファンが駆け付けた。テーマは「この時代の軍師――『播磨灘(はりまなだ)物語』から考える」。NHK大河ドラマの主人公、軍師・黒田官兵衛を描いた司馬作品『播磨灘物語』について、磯田道史氏(静岡文化芸術大学准教授)、松本健一氏(麗澤大学教授)、和田竜(作家)、諸田玲子(作家)の4人のパネリストが活発な議論を展開した。

あわせて読みたい

  • 織田家「『本能寺の変』後、2系統4家が江戸時代まで大名として残る」

    織田家「『本能寺の変』後、2系統4家が江戸時代まで大名として残る」

    週刊朝日

    11/7

    黒田官兵衛だけじゃない!隠れた戦国の名軍師・江口正吉

    黒田官兵衛だけじゃない!隠れた戦国の名軍師・江口正吉

    BOOKSTAND

    7/31

  • ドラマ『大奥』では描かれない? 

    ドラマ『大奥』では描かれない? "絶倫将軍"と"東大のシンボル"のただならぬ関係

    BOOKSTAND

    1/29

    岡田准一 「官兵衛」収録時に陣内孝則から“コテコテ”メールもらう

    岡田准一 「官兵衛」収録時に陣内孝則から“コテコテ”メールもらう

    週刊朝日

    4/20

  • 子孫が語る刀剣と秘話 黒田官兵衛が拝領した凄まじい切れ味の名刀

    子孫が語る刀剣と秘話 黒田官兵衛が拝領した凄まじい切れ味の名刀

    週刊朝日

    2/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す