農薬混入事件 逮捕の49歳契約社員は「ひとことで言って変わった人」

食の安全

2014/01/29 11:30

 マルハニチロホールディングス(東京)の子会社「アクリフーズ」が製造した冷凍食品から農薬「マラチオン」が検出された問題は、1月25日、同社の契約社員、阿部利樹容疑者(49)が偽計業務妨害の疑いで逮捕されるという急展開を迎えた。いったい、犯行の目的は何だったのか。

あわせて読みたい

  • 農薬混入事件でも「冷凍食品」の売り上げがアップした理由

    農薬混入事件でも「冷凍食品」の売り上げがアップした理由

    週刊朝日

    1/16

    農薬の“ドサクサ”規制緩和で子どもが危ない

    農薬の“ドサクサ”規制緩和で子どもが危ない

    週刊朝日

    7/9

  • 「偽装の条件がばっちり整っている」食材とは

    「偽装の条件がばっちり整っている」食材とは

    AERA

    11/20

    アクリフーズで年収60万円ダウンも 恨み買った給与体制

    アクリフーズで年収60万円ダウンも 恨み買った給与体制

    AERA

    2/4

  • 毒冷凍食品はテロ行為? 「業務妨害レベルでない」と専門家

    毒冷凍食品はテロ行為? 「業務妨害レベルでない」と専門家

    AERA

    1/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す