「お酒に強くなった」は、もしかしたらアルコール依存症?

病気

2014/01/27 11:30

 自分で酒の飲み方をコントロールできなくなるアルコール依存症。治療で大きな問題点としてあげられるのが、推計80万人の患者のうち、治療を受けている人数が4万数千人と極端に少ないことだ。肥前精神医療センター院長の杠(ゆずりは)岳文医師は、その理由をこう説明する。

あわせて読みたい

  • 吉澤ひとみ被告、勝谷誠彦さんらがアルコールを断てない理由 依存の恐さとは 

    吉澤ひとみ被告、勝谷誠彦さんらがアルコールを断てない理由 依存の恐さとは 

    週刊朝日

    11/30

    お酒で入院、酩酊していた山口達也 専門医が語る依存症の恐さとは?

    お酒で入院、酩酊していた山口達也 専門医が語る依存症の恐さとは?

    dot.

    4/26

  • 酒気帯び運転の山口達也容疑者の事件でわかった依存症の怖さ 元当事者の医師が語る

    酒気帯び運転の山口達也容疑者の事件でわかった依存症の怖さ 元当事者の医師が語る

    週刊朝日

    9/26

    “不安を寸止め”して飲酒継続は「依存症まっしぐら」 合間に水や炭酸水で対策を

    “不安を寸止め”して飲酒継続は「依存症まっしぐら」 合間に水や炭酸水で対策を

    AERA

    7/11

  • カンニング竹山 著名人の飲酒運転事故で「アルコール依存症をきちんと報じろ!」
    筆者の顔写真

    カンニング竹山

    カンニング竹山 著名人の飲酒運転事故で「アルコール依存症をきちんと報じろ!」

    dot.

    9/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す