日本人女性に多い? 卵巣内が“チョコレート状”になる子宮内膜症

出産と子育て

2013/09/15 07:00

 1970年代、卵巣がんにかかる日本人女性は世界で最も少なかった。それが昨今、急激に増えている。その背景に、「子宮内膜症の一種で、卵巣内に子宮内膜が増殖してチョコレート状になる『チョコレート嚢胞(のうほう)』が関係している」と話すのは筑波大学病院産婦人科教授の吉川裕之医師だ。

あわせて読みたい

  • 良性の卵巣嚢腫が卵巣がんに…危険を阻止する方法

    良性の卵巣嚢腫が卵巣がんに…危険を阻止する方法

    週刊朝日

    7/12

    不妊症の患者の3~4割に見つかる子宮内膜症 「原因は月経血の逆流説が有力」と医師

    不妊症の患者の3~4割に見つかる子宮内膜症 「原因は月経血の逆流説が有力」と医師

    dot.

    9/26

  • 月経痛を訴え受診した時点で「子宮内膜症」予備軍 医師は「治療できることを知らない女性が多い」

    月経痛を訴え受診した時点で「子宮内膜症」予備軍 医師は「治療できることを知らない女性が多い」

    dot.

    10/9

    いつ妊娠したいかで治療法が変わる「子宮内膜症」 若い時に手術しても結婚したら再発していたケースも

    いつ妊娠したいかで治療法が変わる「子宮内膜症」 若い時に手術しても結婚したら再発していたケースも

    dot.

    10/10

  • 乳がんや卵巣がんの発症高まる“HBOC”って何?

    乳がんや卵巣がんの発症高まる“HBOC”って何?

    週刊朝日

    8/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す