体の慢性的痛み 背景に社会的、心理的問題も

健康

2013/09/08 11:30

 慢性の痛みは、ケガや病気など身体的な要因のほかに、心理的・社会的な要因が大きく関与する複雑系の痛みだ。発症すると生活の質を低下させ、就労の問題や社会的な損失も大きいが、運動療法などの治療が効果をあげている。

あわせて読みたい

  • 慢性的な痛みを治すには「具体的なゴール」決めるべし

    慢性的な痛みを治すには「具体的なゴール」決めるべし

    週刊朝日

    9/9

    4人に1人が悩む「腰痛」 期待の新薬はうつ病の薬?

    4人に1人が悩む「腰痛」 期待の新薬はうつ病の薬?

    週刊朝日

    3/14

  • 5月号福島県立医科大学理事長 菊地臣一 Kikuchi Shinichi安静にしても、腰痛は治らない

    5月号福島県立医科大学理事長 菊地臣一 Kikuchi Shinichi安静にしても、腰痛は治らない

    6/15

    レディー・ガガが告白した「線維筋痛症」の怖さ 光や音で痛みも…

    レディー・ガガが告白した「線維筋痛症」の怖さ 光や音で痛みも…

    dot.

    9/13

  • 治りにくい神経の痛みは「安静よりもむしろ運動を」

    治りにくい神経の痛みは「安静よりもむしろ運動を」

    週刊朝日

    2/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す