実家のラブホテルを作品のテーマに 新・直木賞作家の素顔 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

実家のラブホテルを作品のテーマに 新・直木賞作家の素顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

 第149回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が7月17日に都内で開かれ、芥川賞は藤野可織さん(33・写真右)の『爪と目』、直木賞は桜木紫乃さん(48・同左)の『ホテル・ローヤル』に決定した。

「下鴨神社に二人の受賞祈願に行きました」と話すのは、二人と交流がある作家の花房観音さん。藤野さんとは同じ京都在住でもある。

「藤野さんは、はんなりした京ことばに透けるような白い肌で、まさに“京都の女の子”。でも京おんなって怖いところもある。その怖さは作品に内包されていて、容赦なく刃を振り下ろす感じです」

 一方、桜木さんとは雑誌で対談。

「印象的だったのは、実家のラブホテルの手伝いをしていた時の話。『私は学生の頃から、あの臭いの中で育ってきたんです。だからセックスに幻想なんてもてない』という一言がリアルで凄みを感じました」

 桜木さんの作品から研ぎ澄まされた雰囲気を連想していたものの、実際は夫のことが大好きな、ほんわかした女性だったという。

 作家本人から受ける印象と作風のギャップが大きい今回の受賞者たち。

 桜木さんは会見で「小説の神様っているんだな」と語った。「小説の神様」は、二人に笑顔をもたらした。

週刊朝日 2013年8月2日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加