痴漢事件で初の再審なるか 冤罪訴える難病男性

2013/02/06 16:00

 名誉にかけて裁判のやり直しを求める――。車イスで法廷に入ってきた男性は、力を振り絞るように訴えた。痴漢事件で、実刑判決を受けた東京都練馬区の小林卓之さん(70)が冤罪を訴えている再審請求審で、東京地裁(細田啓介裁判長)は1月31日、書面審理が一般的な再審請求審としでは異例の本人質問(非公開)を行った。

あわせて読みたい

  • 無実を訴える元公務員が刑事司法の「いい加減さ」に憤る

    無実を訴える元公務員が刑事司法の「いい加減さ」に憤る

    週刊朝日

    12/6

    【独自】滋賀県警が再審で無罪判決の元看護助手を再び「犯人視」 証拠文書を入手

    【独自】滋賀県警が再審で無罪判決の元看護助手を再び「犯人視」 証拠文書を入手

    dot.

    9/22

  • 袴田事件で「捜査機関が証拠を”捏造”」 弁護団が新証拠の補充書を最高裁に提出 

    袴田事件で「捜査機関が証拠を”捏造”」 弁護団が新証拠の補充書を最高裁に提出 

    週刊朝日

    7/1

    布川事件”勝訴”の桜井昌司さん独白「自分としては当たり前じゃん!」

    布川事件”勝訴”の桜井昌司さん独白「自分としては当たり前じゃん!」

    週刊朝日

    6/2

  • 特捜部よりスゴい!裁判所の暴走

    特捜部よりスゴい!裁判所の暴走

    週刊朝日

    10/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す