紅白落選「ガルネク」がCD延期 理由はあるトラブル 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

紅白落選「ガルネク」がCD延期 理由はあるトラブル

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#渡辺美樹

 外食チェーン「ワタミ」の会長、渡辺美樹氏(53)が理事長を務める私立郁文館高校(東京都文京区)で、痛ましい事故が起こったのは11月21日のこと。

 体育館の屋上グラウンドから1年生の男子生徒(16)が約13メートル下のコンクリート通路に転落して死亡した。屋上グラウンドと外部を区切るフェンスの間には転落防止用のネットが張られているが、生徒は高さ約1.5メートルの柵を乗り越え、ネットに引っかかったレジ袋を拾っていたという。

 その事故が、思わぬところで“余波”をもたらしているという。

「12月に発売予定だったガールネクストドア(以下、ガルネク)の新曲『standing for you』が、11月末になって急に、発売延期が発表されたんです。実は、新曲のプロモーションビデオ(PV)を郁文館高校で撮影していたのですが、そこに転落死した生徒も映っていた。事故を受けて、そのままでは出せないと、撮り直すことになったのです」(音楽業界関係者)

 ガルネクとは、2008年にエイベックスからデビューした女性ボーカル1人、男性2人の3人組音楽ユニット。エイベックスが設立20周年に社運をかけて売り出し、デビュー4カ月であのNHK紅白歌合戦に出演するなど、注目を集めた。

 確かに公式ホームページをみると、11月29日に〈商品の発売延期に関するお知らせ〉とあり、〈諸般の事情により〉新曲発売が13年2月27日に延期されることが記されている。

週刊朝日 2013年1月4・11日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい