男子フィギュア・羽生結弦は見た目に寄らず「肉食系」?

ソチ五輪

2012/11/28 16:00


 17歳が神がかっていた。いまや男子フィギュアスケートの若手エースとなった羽生結弦(ゆづる)が11月24日、GPシリーズ第6戦のNHK杯で、“キング”高橋大輔(26)を抑えて優勝を果たした。前日のショートプログラム(SP)では「95.32」点と、今季グランプリ(GP)シリーズ初戦で自らマークした世界歴代最高得点を更新。驚異的な成長をとげる羽生について、スポーツライターの青嶋ひろの氏は、「(2014年の)ソチ五輪の最有力のひとり」と太鼓判を押す。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す