世紀の大誤報「iPS細胞移植」は肩書社会のせい?

仕事

2012/10/25 07:00

 読売新聞の報じた、森口尚史(ひさし)氏の「世界初、iPS細胞移植」という誤報が世間を賑わした。キャスターの辛坊治郎氏は、この「世紀の大誤報」の背景にあるものを次のように分析する。

あわせて読みたい

  • 「大誤報の片棒を担いだ」と辛坊治郎氏がおわび

    「大誤報の片棒を担いだ」と辛坊治郎氏がおわび

    週刊朝日

    10/27

    疑惑の森口氏が「移植」したのは自分の経歴だった

    疑惑の森口氏が「移植」したのは自分の経歴だった

    週刊朝日

    10/16

  • 心理学者が森口尚史氏は「常習的ウソつき」と断言

    心理学者が森口尚史氏は「常習的ウソつき」と断言

    週刊朝日

    10/24

    iPS10歳、浮上してきた新たな問題

    iPS10歳、浮上してきた新たな問題

    AERA

    11/28

  • 他人のiPS細胞を移植?! “iPS細胞ストック”の可能性

    他人のiPS細胞を移植?! “iPS細胞ストック”の可能性

    dot.

    9/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す