「40歳以上の独身男」はボケたくなければ自立せよ 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「40歳以上の独身男」はボケたくなければ自立せよ

このエントリーをはてなブックマークに追加
本誌・藤村かおり週刊朝日#介護を考える

 認知症の早期診断、改善に長年取り組んできた金子クリニック院長の金子満雄医師によると、ボケやすい人には共通した特徴があるという。

*  *  *
 娘よりも息子と暮らす人のほうが、ボケが多いようです。夫と同じで仕事から帰ってろくに話もせず寝るパターンが多いからでしょうか。娘の場合、遠く離れて住んでいても親に電話をする人が多い。昼は何食べた? あの事件は怖いねなどと、他愛ないおしゃべりをする。それが大事なんです。

 特に、40歳を過ぎた独身息子と母だけで暮らすのは両方がボケる危険因子がある。会話が少なく、息子も家事全般を母親に頼りっぱなしと、マイナス要素ばかり。いったん自立させることです。嫁も見つかりやすくなりますし、孫ができれば家族の会話の増加にもつながるはずです。

週刊朝日 2012年10月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい