村上春樹がノーベル賞逃すのは「売れ過ぎ」だから 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

村上春樹がノーベル賞逃すのは「売れ過ぎ」だから

このエントリーをはてなブックマークに追加
ノーベル賞の「壁」を超えるのはいつになるのか (c)朝日新聞社

ノーベル賞の「壁」を超えるのはいつになるのか (c)朝日新聞社

 もはや秋の季語になってしまった感のある「ノーベル文学賞」と「村上春樹 」氏(63)。 だが、今年も待望されながら、受賞はならなかった。いったい何が村上氏の受賞を阻んだのか。

「売れ過ぎていることが逆効果になっているんじゃないでしょうか。ノーベル賞には通俗的なものより、 純文学的なものが求められるんです」

 作家で評論家の小谷野敦氏(49)は、村上氏の受賞にはいくつもの「壁」があると分析する。

 村上氏が同賞の候補に名前が挙がり始めたのは、2006年。ノーベル賞への登竜門とされる、フランツ・カフカ賞を受賞したころからだ。そこから毎年、ブックメーカーが発表する予想順位で好位置をキープ、とりわけ今年の予想は断トツの1位だった。

 文芸評論家で愛知淑徳大の清水良典教授(58)は、その人気ぶりも受賞を遠のかせていると言う。

「オッズで1位になっているし、名声は高い。そんな人気作家にいまさらノーベル財団のお金をあげる必要があるかという、やっかみも選考側にあったはず」

週刊朝日 2012年10月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい