新「相棒」成宮寛貴、水谷豊との相性は抜群 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

新「相棒」成宮寛貴、水谷豊との相性は抜群

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ドラマ

新「相棒」の成宮寛貴 (c)朝日新聞社

新「相棒」の成宮寛貴 (c)朝日新聞社

現代の肖像 小田嶋隆 (eAERA) [Kindle版]

大越裕著/太田やすお写真

B00JR5M2ZU

amazonamazon.co.jp

 秋の新ドラマが続々とスタートしている。山口智子の復帰や、宮崎あおいの10年ぶりとなる民放連ドラ出演など、話題作が目白押しだが、中でも「相棒 season11」は、シリーズ初回最高視聴率の19.9%を記録し、他局も両手をあげる強さを見せた。コラムニストの小田嶋隆氏も、

「キャスティング先行の、アイドル俳優の顔見世ドラマばかりのなかで、脚本で魅せている」

 と認める。2代目「相棒」の及川光博を起用して、“腐女子”層からの絶大な人気も加わったが、3代目に成宮寛貴(30)を起用したのも功を奏したようだ。

 気になる「右京」を演じる水谷豊(60)と成宮の“相性”については、ドラマ関係者はこう絶賛する。

「なにより水谷さんが成宮を大変気に入っています。脇役の経験が豊富な成宮は現場での振る舞いが非常にうまい。“王子”が抜けないミッチーと比べ、主役を立てて、前に出すぎない。スタッフ受けも良く、現場がとてもいい雰囲気のようです。実は再来年公開の映画も決まったみたいです」

週刊朝日 2012年10月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい