鳳華氏 「スギちゃんの適職は芸人ではない」と占う 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

鳳華氏 「スギちゃんの適職は芸人ではない」と占う

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 テレビ番組収録中に胸椎を骨折したスギちゃんが、仕事に復帰し元気な姿を見せた。運命分析術「未来学」を考案した鳳華氏によると、スギちゃんの大けがはお笑い芸人という道を見直すべきだという星からの暗示だという。

*  *  *
 全治3カ月の重傷と言われながら、約1カ月でスピード復帰を果たしたスギちゃんは、俗称・一途星の「炎の星」。探究心旺盛で、一度決めたら猪突猛進。かなり頑固な性格の持ち主です。

 所属している組織に対しては従順で、特に目上の人から可愛がられます。だけど、臨機応変な対応が大の苦手。そういった意味で、移り変わりが早いお笑い芸人は、彼にとって適職とはいえません。

 2012年のスギちゃんの運気は、お金が動く「財」の時期。今年の「R–1ぐらんぷり」で準優勝してブレークしたのは、確かに星の導きでした。ただし、大けがをした9月1日は、「華」という最高運気が訪れていた一日。この事故は、「今の自分のポジションを疑え」という星からの暗示だったようです。

 そして、スギちゃんの来年の運気は、自分のなかの“何か”が完成する「熟」。お笑い以外で自分の得意なことを、今一度見直してみてください。その“何か”がプロデュース的な仕事につながるのであれば、猪突猛進、突き進んでOKです。

週刊朝日 2012年10月19日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい