銅メダル・女子バレー眞鍋監督の秘策はiPadだけではなかった 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

銅メダル・女子バレー眞鍋監督の秘策はiPadだけではなかった

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 金7、銀14、銅17。日本はロンドン五輪で過去最多の38個のメダルを獲得した。女子バレーは眞鍋政義監督のもと、銅メダルに。その要因を、多くの日本のメディアはiPadなどを駆使した「IDバレー」と伝えているが、本当だろうか。

 2010年の世界選手権準決勝で、眞鍋監督は突如、1週間前に足を捻挫(ねんざ)し、ベンチ入りもままならなかった石田瑞穂を起用した。ブラジルには彼女のサーブが有効というデータがあったためだ。眞鍋監督は続く3位決定戦も石田をコートに送り、日本は32年ぶりに世界選手権のメダルを獲得した。監督は試合をこう振り返った。

「けがを乗り越えてやっと出番が来た石田の存在は、『絶対にメダルをとろう』という選手の気持ちを盛り上げてくれた」

 データ以上にメンタル面でチームにプラスになる、と考えたのだ。

 同じことが今回の3位決定戦にも言えるだろう。迫田さおりは韓国戦でのスパイク決定率が高い。だが、迫田のスタメン起用はそれだけが理由ではないはずだ。

 眞鍋監督は選手交代をしながら、チームを勝利に導く「ラッキーガール」を常に探していて、その条件を、

「まじめにこつこつと頑張る選手の人間性が、他の選手に『彼女がいるから私も頑張ろう』と思わせる人」

 と、語ったことがある。 今回の迫田起用は「女性選手はメンタルが大事」が持論である眞鍋監督ならではだった。

※週刊朝日 2012年8月31日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい