ホスピス医から在宅医へ 山崎章郎医師が語る

介護を考える

2011/06/29 16:33

 山崎章郎さん(63)はもともと外科医だった。1983年、勤めていた病院から長期休暇を取り、南極の地質調査船の船医となり、洋上でE・キューブラー・ロスの『死ぬ瞬間』を読んだ。

あわせて読みたい

  • 我が家だからできる「心ゆくまでのお別れ」

    我が家だからできる「心ゆくまでのお別れ」

    週刊朝日

    6/29

    家で死ぬということ

    家で死ぬということ

    2/14

  • 病院死より穏やかな最期 上野千鶴子の「在宅ひとり死」のススメ

    病院死より穏やかな最期 上野千鶴子の「在宅ひとり死」のススメ

    週刊朝日

    6/13

    「ステージ4」抗がん剤治療をやめた患者に「ケアの空白」 終末期の手前を埋める必要性

    「ステージ4」抗がん剤治療をやめた患者に「ケアの空白」 終末期の手前を埋める必要性

    AERA

    11/6

  • なぜ、在宅死がいいのか? 専門医らに聞いた「病院にはない死のあり方」

    なぜ、在宅死がいいのか? 専門医らに聞いた「病院にはない死のあり方」

    週刊朝日

    2/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す