週間天気 台風9号「非常に強い勢力」で沖縄へ 警戒点は? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 台風9号「非常に強い勢力」で沖縄へ 警戒点は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


台風9号は発達しながら北上し、31日(月)から「非常に強い」勢力で沖縄に接近する予想です。沖縄は大荒れの天気となる恐れがあります。西日本でも台風の動向に注意が必要です。

台風9号の動向

台風9号は今後、発達しながら北上し、31日(月)から9月1日(火)頃にかけて「非常に強い勢力」で沖縄に接近する恐れがあります。台風の強さは最大風速で決まり、「非常に強い」勢力は強い方から2番目の勢力です。沖縄は大荒れの天気となる恐れがあり、警戒が必要です。その後、台風が予報円の中心を進めば、東シナ海から対馬近海を北上する予想です。予報円の東側を進む場合、九州に接近する恐れもあります。

各地の天気のポイント

【沖縄】31日(月)からは猛烈な風が吹き、海上は大しけとなるでしょう。9月1日(火)頃にかけて暴風や高波に警戒が必要です。台風本体の活発な雨雲がかかり、警報級の大雨となる恐れもあります。また、台風の接近と大潮の時期が重なりますので、高潮にも警戒が必要です。食料の買い出しや飛ばされやすい物はしまうなど、台風対策をなさって下さい。

【奄美】31日(月)頃から台風の影響で雨や風が強まり、大荒れの天気となる恐れがあります。最新の台風情報に注意し、早めに台風への備えをなさって下さい。

【西日本】9月1日(火)頃から、台風周辺の湿った空気が流れ込み、九州や四国の太平洋側を中心に、所々に活発な雨雲がかかるでしょう。台風の進路によっては九州を中心に荒れた天気となり、海上は大しけとなる恐れがあります。中国地方や近畿は晴れ間がでても、所々で雨が降るでしょう。この先も厳しい残暑は続きそうです。熱中症にご注意下さい。

【東日本】東海や関東は30日(日)までは強い日差しが照り付けて、うだるような暑さが続くでしょう。来週は雲が広がりやすくなり、雨の降る日もありそうです。北陸は晴れ間の広がる日が多いでしょう。厳しい残暑となる日が多いですが、9月1日(火)は関東では真夏日から解放されて、幾分しのぎやすくなりそうです。

【北日本】前線の影響で30日(日)にかけて北海道は激しい雨が降り、大雨の恐れがあります。東北北部は31日(月)まで雨が降るでしょう。9月1日(火)以降は広く晴れそうです。日によって気温の変化が大きくなるでしょう。来週前半は暑さが和らぐ所が多いですが、来週後半はまた厳しい残暑となりそうです。服装選びをお気をつけ下さい。

なお、この情報は29日(土)の資料をもとに作成しています。台風の進路によって、荒天の期間や影響が変わる可能性があり、最新の情報を確認して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい