東北太平洋側 午後は風雨さらに強く 山は雪 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北太平洋側 午後は風雨さらに強く 山は雪

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


東北の太平洋側は海上を中心に14日にかけて大荒れとなり、暴風や高波に警戒が必要です。雨も強まり、13日夕方にかけて激しい雨の降る所も。低い土地の浸水などに注意をしてください。また、今夜には山沿いから雪に変わり、14日朝は路面の状況にも気をつけてください。

低気圧が発達 海上を中心に大荒れに

発達中の低気圧の影響で、東北の太平洋側は海上を中心に東のち北の風が非常に強く、大荒れになる恐れがあります。予想される最大瞬間風速は、14日にかけて太平洋側の海上で35メートル、陸上でも30メートルと、沿岸では何かにつかまっていないと立っていられないくらいの暴風が予想されます。海上も今夜から急激に波が高まり、14日昼前にかけて6mの大しけに警戒が必要です。

福島県浜通りを中心に激しい雨

13日午後1時現在、東風が山にぶつかる宮城県、福島県の沿岸を中心に雨脚が強まってきた所があり、1時間雨量は宮城県丸森町筆甫で8.5ミリ、福島県いわき市平で7mmなどとなっています。このあと夕方にかけて宮城県の丸森町周辺~福島県の浜通りを中心に1時間に20~30ミリの雨が降り、局地的には激しい雨になる所があるでしょう。低い土地の浸水などに注意が必要です。14日午前6時までの24時間に予想される雨の降る量は、東北太平洋側の多い所で120ミリです。この量が降るとみられるのは主に福島県の浜通りです。崖の近くや川には近づかないようにしてください。

今夜 山は積雪も

13日夕方以降は山沿いから雪に変わる所がある見込みです。上空の冷たい空気が低気圧に向かって引き込まれるためです。特に、岩手県の北上高地周辺では、14日朝にかけて道路でも積雪の恐れがあります。峠道を車で走る方は、冬用タイヤが必要です。路面の状況に十分ご注意ください。

14日 天気回復も強風や高波に注意・警戒

14日は低気圧が東海上へ離れて天気は回復傾向ですが、低気圧の中心気圧は978hPaとさらに発達する見込みです。太平洋側の海上を中心に朝まで暴風が吹き、その後も各地で西寄りの強風が続いて、宮城県の大崎平野周辺などは14日の方が強まりそうです。交通機関に影響がでる可能性もあります。晴れてきても、強い風や高い波には注意・警戒をしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい