台風猛威で記録的な雨量だった10月 11月は? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風猛威で記録的な雨量だった10月 11月は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像D

画像D

画像E

画像E


今年の10月は、次々と襲来した台風の影響で、暑さも雨も記録的でした。10月の天候と11月の見通しをまとめました。

季節はずれの暑さも 北から雪の便り

10月は季節はずれの暑さでスタート。1日から5日頃にかけては東シナ海から日本海へと進んだ台風18号の影響で、全国的に10月としては珍しい高温に。最高気温は、1日に広島市31.4度、大阪市33.1度、愛知県豊田市32.2度、2日に福島県郡山市29.5度、岩手県盛岡市29.2度、北海道旭川市25.9度など、西から北まであちらこちらで統計開始以来10月1位の値を更新しました。
一方で度々、北から寒気が流れ込み、本州でも朝晩はグッと冷えるようになりました。9日は盛岡地方気象台から岩手山の初冠雪を観測。本州では今シーズン初めての観測でした。27日は北陸地方の山間部で雪になり、翌28日は金沢地方気象台から白山の初冠雪が確認されました。
※初冠雪:山の中腹から山頂で雪が積もり、ふもとの気象台から初めて見えた時を言います。

台風19号 関東を直撃 史上最多の13都県に大雨特別警報

10月は台風が4個(19号~22号)発生しました。平年は3.6個と、平年並みでしたが、19号が猛威を振るいました。
台風19号は12日午後7時前に「大型で強い」勢力を保ったまま、伊豆半島に上陸し、関東甲信から東北地方を縦断しました。東海や関東甲信越、東北では台風の上陸前から活発な雨雲がかかり続け、広い範囲で記録的な大雨に。神奈川県箱根町では12日の日降水量が、10月の平年の降水量の約3倍にあたる922.5ミリと、全国の観測史上1位の記録となりました。12日から13日にかけて静岡県、神奈川県、東京都、埼玉県、群馬県、山梨県、長野県、栃木県、茨城県、新潟県、福島県、宮城県、岩手県と、1都12県に次々と大雨特別警報が発表。2013年に特別警報が設定されて以来、史上最多の発表でした。この記録的な大雨により、千曲川や阿武隈川で堤防が決壊するなど複数の河川で氾濫が発生し、さらに土砂災害や浸水など、広範囲で甚大な被害が生じました。
また、関東の沿岸部を中心に記録的な暴風が吹き荒れ、最大瞬間風速は東京都江戸川区で43.8 メートルと観測史上 1位を更新したほか、横浜で43.8メートル、東京都心で41.5メートルと、ともに10月の1位の値を更新。太平洋沿岸では高潮が発生し、三宅島の坪田で過去最高潮位となる230センチを観測。神奈川県の小田原、静岡県の石廊崎、清水港、御前崎でも過去の最高潮位の値を更新しました。

台風21号 直撃せずとも記録的大雨に

25日は本州の南岸沿いを低気圧が東進。加えて、台風21号が日本の東を北上しました。台風21号は本州からは離れて進んだものの、台風周辺の暖かく湿った空気が大量に流れ込み、四国や紀伊半島、関東や東北太平洋側に活発な雨雲がかかりました。特に千葉県や福島県では記録的な大雨となり、千葉県鴨川市では1時間に85.5ミリの猛烈な雨を観測(観測史上1位)。また、千葉県千葉市付近と八街市付近では、レーダーの解析で1時間に約100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が発表されました。12時間雨量は千葉県市原市の牛久で283.5ミリ、佐倉市で248.0ミリ、福島県浪江町で245.5ミリと、たった半日で平年の10月のひと月の雨量を超す雨に。台風15号や19号の爪痕が大きく残るなか、川の氾濫や浸水、道路の冠水など多くの被害がでました。

10月の雨量 統計開始以来最多も

度重なる大雨により、10月の降水量は平年よりかなり多くなりました。10月1日~30日までの雨量は東京都心は529.5ミリ、千葉市で441.0ミリと平年の10月の月雨量の2倍以上で、いずれも10月としては歴代5位の多さです。また、福島市では419.0ミリ、仙台市では644.5ミリに達し、10月としては統計開始以来一番多くなりました。

11月は一転、西を中心に少雨傾向

最新の1か月予報によると、北日本と、東日本の太平洋側は日照時間、降水量ともに平年並みの見込みです。東日本の日本海側と西日本、沖縄・奄美は高気圧に覆われやすいため、日照時間は平年並みか多く、降水量は平年並みか少ないでしょう。気温は、北日本と東日本は11月前半は平年並みか高いものの、11月後半は平年並みの見込みです。西日本と奄美では、11月2~8日は平年より高い一方で、9日~15日は平年並みか低く、11月前半は気温の変動が大きくなりそうです。
※北日本・・・北海道、東北
東日本・・・関東甲信、北陸、東海
西日本・・・近畿、中国、四国、九州


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい