近畿から東北で激しい雨 関東もこのあと大雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

近畿から東北で激しい雨 関東もこのあと大雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


現在、発達した雨雲は近畿から東北付近にかかっている。午前中を中心に大雨の恐れ。土砂災害や低い土地の浸水など警戒。通勤や通学の際は時間にゆとりをもった行動を。

あちらこちらで激しい雨

ここ数日、九州南部に大雨をもたらした梅雨前線は、九州付近でやや南下していて、鹿児島県や宮崎県では雨の止んでいる所が多くなっています。一方、本州付近では前線が太平洋側沿岸に停滞するかたちとなっていて、更にその前線上を低気圧が東へ進んでいます。早朝は非常に活発な雨雲が近畿南部から東海、甲信にかかり、東北でも激しい雨になっている所があります。1時間に降った雨の量は、三重県鳥羽市で60.5ミリ、岩手県奥州市衣川で35.5ミリなどとなっています。
このあと、活発な雨雲は徐々に東へ北へと移っていきます。近畿や東海、北陸は朝のうちまでは、局地的に雷が鳴ったり、バケツをひっくり返したような雨が降るでしょう。場所によっては道路が一気に冠水してしまう可能性があります。通勤時に車を運転する方は、十分ご注意ください。また、雨の降り方が強く、傘を差していても、足元がかなり濡れてしまうかもしれません。きょうはレインブーツのような水をはじく靴や、濡れてもいいように、替えの靴下を用意すると良いでしょう。関東も朝の通勤や通学の時間帯は局地的に激しい雨が降ったり、雷雨になりそうです。沿岸部を中心に南よりの風が強まるため、横なぐりの雨になる所もあるでしょう。ただ、雨や風が一番強まるのは、むしろ通勤や通学の時間帯よりも少し遅い、午前10時~正午にかけてです。関東の広い範囲での雨は昼頃までですが、南部は夕方にかけて雨の降りやすい状態が続くでしょう。東北も昼前後までは激しい雨や雷雨に注意してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい