前線の活動活発 東北は梅雨末期の大雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

前線の活動活発 東北は梅雨末期の大雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

23日(日)は、活発な前線が東北地方をゆっくり南下。東北では長い時間雨が降り続き、滝のような雨が降ることもありそうです。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水やはん濫に警戒が必要です。前線に近い北陸も、激しい雨の降る所があるでしょう。

23日(日)東北は記録的な大雨のおそれ

22日(土)は活発な前線の影響で雨脚が強まり、北海道や東北では降水量が観測史上1位になった所がありました。23日(日)は、前線は南下するものの、動きがゆっくりなため、東北では長い時間雨が降り続く見込みです。前線の活動は引き続き活発で、局地的には1時間に60ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。1時間に60ミリというとパッとイメージがつきにくいかもしれませんが、例えるならばゴーゴーと滝のような雨が降るイメージです。傘は全く役に立たず、車の運転は危険なくらいの雨です。このような雨が降ると、短い時間であっという間に大雨になってしまうことがあります。23日(日)午後6時までに東北で予想される雨の量は、多い所で180ミリ。記録的な大雨になるおそれもあります。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水やはん濫に厳重に警戒をして下さい。気象情報や自治体の情報にも注意をして、危険を感じたら早めの避難を心がけましょう。下記リンクのの雨雲の動きのページでは、今どこで雨が降っているのか、これからどこで雨が降るのかが確認できますので、ご活用下さい。東北北部では夕方までが雨のピークで、その後は南部でピークを迎える見込みです。前線に近い北陸でも雨が降り、激しく降る所もあるでしょう。

24日(月)は東北南部や北陸で大雨に警戒

前線は東北南部から北陸付近に停滞し、引き続き前線の活動は活発でしょう。東北南部や北陸では断続的に雨雲がかかり続け、大雨となるおそれがあります。24日(月)も、引き続き大雨による土砂災害などに警戒をして下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい