北海道 暑い夏に(6月~8月の天候) 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 暑い夏に(6月~8月の天候)

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
北海道 6月~8月の天気

北海道 6月~8月の天気

北海道の夏のイベントの一部

北海道の夏のイベントの一部

24日、札幌管区気象台は6月~8月の北海道の3ヶ月予報を発表しました。気温は平年より高いでしょう。蒸し暑い日もあるため、熱中症対策がかかせない夏となりそうです。降水量はほぼ平年並みですが、局地的な大雨や急な強い雨などはあるため、天気の急変には注意が必要となります。

月ごとの詳しい天気

(6月)
高気圧が張り出す日や低気圧が通過する日があるでしょう。日本海側では平年と同様に雨が降る日よりも晴れる日の方が多くなる見込みです。太平洋側やオホーツク海側では5月に比べて晴れる日が少なくなり、霧のかかる日が増えてくるでしょう。降水量はほぼ平年並みの見込みです。また、大気全体の温度の高い状態が続いているため、気温は平年並みか高く、真夏のような暑さとなる日もありそうです。
(7月)
高気圧と低気圧が交互に通過するため、日本海側とオホーツク海側は平年と同様に数日の周期で晴れたり、雨が降ったりするでしょう。太平洋側では高気圧のふちを回って入る湿った気流の影響を受ける時期もあり、平年通り曇りや霧の日が多くなる見込みです。降水量はほぼ平年並みですが、局地的に強く降るような雨となることがありそうです。7月頃までは上空の偏西風が大陸から日本付近にかけて平年より南を流れるため、北海道付近には南よりの暖かい空気が流れ込みやすくなりそうです。気温は平年並みか高く、暑い日が多くなるでしょう。
(8月)
北海道付近は高気圧に覆われる日や気圧の谷の影響を受ける日もあるため、平年と同様に数日の周期で天気は変わるでしょう。降水量は平年並みですが、引き続き、局地的な強い雨などに注意が必要となります。太平洋高気圧が本州付近へ張り出しやすくなるため、北海道にも南よりの暖かい空気が流れ込みやすくなるでしょう。気温は平年より高く、お盆を過ぎても暑さが残ることがありそうです。

暑いとこんな楽しみも!

北海道では、6月下旬から7月にかけて、海開きが行われる時期となります。短い北海道の夏を海で満喫できる日も多くなりそうです。7月から8月にかけてはホタルの季節に。ホタルは月のない蒸し暑い夜に活発になるといいます。幻想的な光景を楽しめるといいですね。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい