1か月予報 9月後半も日照少なめ

tenki.jp
気象庁は10日、1か月予報を発表しました。東日本太平洋側と西日本は、この先1か月も降水量は平年並みか多く、日照時間は平年並みか少ない見込みです。9月12日から10月11日までの平均気温と降水量、日照時間の見通しです。【気圧配置の特徴】 北日本は高気圧に覆われやすくなる見込みです。 東・西日本と沖縄・奄美は湿った空気が入りやすく、前線の影響を受けやすいでしょう。 【向こう1か月の天候】 ○北・東・西日本 天気は数日の周期で変わりますが、東・西日本では、平年に比べ曇りや雨の日が多い見込みです。 ○沖縄・奄美 平年に比べ晴れの日が少ないでしょう。 【気温】 北日本は高い、西日本は平年並みか低い、東日本と沖縄・奄美は平年並みでしょう。 【降水量】 東日本太平洋側と西日本は平年並みか多い、北日本と東日本日本海側、沖縄・奄美は平年並みの見込みです。 【日照時間】 東・西日本と沖縄・奄美は平年並みか少ない、北日本は平年並みでしょう。 週別 平均気温の予想 ・1週目 9月12日(土)~9月18日(金) 北日本は高い、東日本は平年並みか低い、西日本と沖縄・奄美は低いでしょう。 ・2週目 9月19日(土)~9月25日(金) 北日本は高い、東日本と沖縄・奄美は平年並みか高い、西日本は平年並みの見込みです。 ・3~4週目 9月26日(土)~10月9日(金) 北日本は平年並みか高い、東・西日本と沖縄・奄美は平年並みでしょう。 北海道 農作物の管理に注意 北海道に異常天候早期警戒情報が発表されました。 9月15日頃からの約1週間、平年に比べて気温がかなり高くなることが予想されています。(平年差+1.8度以上) 農作物の管理などご注意ください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック