写真・図版 | ネアンデルタール人の遺伝子がコロナ重症化の原因 リスク3倍、東アジアとアフリカはほとんどなし〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ネアンデルタール人の遺伝子がコロナ重症化の原因 リスク3倍、東アジアとアフリカはほとんどなし 1/2

渡辺豪AERA#新型コロナウイルス

4万年前に滅びたネアンデルタール人の遺伝子が、新型コロナ重症化の要因になるという仮説が有力になった/ドイツ・ニーダーザクセン州の洞窟に置かれた人形(gettyimages)

4万年前に滅びたネアンデルタール人の遺伝子が、新型コロナ重症化の要因になるという仮説が有力になった/ドイツ・ニーダーザクセン州の洞窟に置かれた人形(gettyimages)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい