写真・図版 | パラリンピックメダリストは、どうやって義足の恐怖心を克服したのか?〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

パラリンピックメダリストは、どうやって義足の恐怖心を克服したのか? 2/3

このエントリーをはてなブックマークに追加
深澤友紀AERA#リオ・パラリンピック

パラトライアスロン(PT2)/秦由加子(はた・ゆかこ、34)/マーズフラッグ・稲毛インター/千葉市出身。3歳から水泳を始める。13歳で骨肉腫を発症し、右太ももを切断。08年に本格的に水泳を再開、13年にパラトライアスロンを始め、15年世界トライアスロンシリーズ横浜大会で優勝 (c)朝日新聞社

パラトライアスロン(PT2)/秦由加子(はた・ゆかこ、34)/マーズフラッグ・稲毛インター/千葉市出身。3歳から水泳を始める。13歳で骨肉腫を発症し、右太ももを切断。08年に本格的に水泳を再開、13年にパラトライアスロンを始め、15年世界トライアスロンシリーズ横浜大会で優勝 (c)朝日新聞社

[スポーツの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい