「ぼくは家の大黒柱。だから頑張る」シングルファーザーの台湾人出稼ぎ労働者

 家のなかに序列がある家父長制で、男は家の大黒柱。「時代遅れに感じるかもしれないですけれど、それが台湾ではふつうなんです」と、写真家・馬場さおりさんは言う。稼いで家族を養わなければならないというプレッシャー。写真に写る台湾人・彭志維(ポン・ツー・ウェイ)さんはバツイチで、2人の娘を実家に預けて働いていた。そんな馬場さんの作品を紹介します。

【関連記事】
二人の娘を持つシングルファーザーの台湾人出稼ぎ労働者に写る「家父長制」の名残 写真家・馬場さおり

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す