与勇輝の作品が伝える平和の思い

  • めったに見せない作業場で、平和の尊さを語る与勇輝。こだわっている木綿の質感が、人形の肌を生き返らせる(撮影/写真部・加藤夏子)

    めったに見せない作業場で、平和の尊さを語る与勇輝。こだわっている木綿の質感が、人形の肌を生き返らせる(撮影/写真部・加藤夏子)

  • 「浮浪児」をイメージした作品「無心」(2010年)。与作品は布の彫刻とも言われる。46歳まで勤めたマネキン製作の技術を応用している(撮影/写真部・加藤夏子)

    「浮浪児」をイメージした作品「無心」(2010年)。与作品は布の彫刻とも言われる。46歳まで勤めたマネキン製作の技術を応用している(撮影/写真部・加藤夏子)

  • 「象徴」(2010年)/粘土で頭や顔を作り、上から石膏をかけて型をとる。その型に貼っていく張り子紙が人形の頭部になる。中の空洞には木毛という細かい木片を入れ、木綿で覆い顔を作る。胴体など各パーツを組み合わせ、何十もの工程を経て完成する。独自に生み出した方法だ(写真提供:彩鳳堂画廊[撮影・武田正彦])

    「象徴」(2010年)/粘土で頭や顔を作り、上から石膏をかけて型をとる。その型に貼っていく張り子紙が人形の頭部になる。中の空洞には木毛という細かい木片を入れ、木綿で覆い顔を作る。胴体など各パーツを組み合わせ、何十もの工程を経て完成する。独自に生み出した方法だ(写真提供:彩鳳堂画廊[撮影・武田正彦])

  • 「権威」(2010年)/粘土で頭や顔を作り、上から石膏をかけて型をとる。その型に貼っていく張り子紙が人形の頭部になる。中の空洞には木毛という細かい木片を入れ、木綿で覆い顔を作る。胴体など各パーツを組み合わせ、何十もの工程を経て完成する。独自に生み出した方法だ(写真提供:彩鳳堂画廊[撮影・武田正彦])

    「権威」(2010年)/粘土で頭や顔を作り、上から石膏をかけて型をとる。その型に貼っていく張り子紙が人形の頭部になる。中の空洞には木毛という細かい木片を入れ、木綿で覆い顔を作る。胴体など各パーツを組み合わせ、何十もの工程を経て完成する。独自に生み出した方法だ(写真提供:彩鳳堂画廊[撮影・武田正彦])

  • 「望愁」(2010年)/粘土で頭や顔を作り、上から石膏をかけて型をとる。その型に貼っていく張り子紙が人形の頭部になる。中の空洞には木毛という細かい木片を入れ、木綿で覆い顔を作る。胴体など各パーツを組み合わせ、何十もの工程を経て完成する。独自に生み出した方法だ(写真提供:彩鳳堂画廊[撮影・武田正彦])

    「望愁」(2010年)/粘土で頭や顔を作り、上から石膏をかけて型をとる。その型に貼っていく張り子紙が人形の頭部になる。中の空洞には木毛という細かい木片を入れ、木綿で覆い顔を作る。胴体など各パーツを組み合わせ、何十もの工程を経て完成する。独自に生み出した方法だ(写真提供:彩鳳堂画廊[撮影・武田正彦])

  • 「うたた寝」(1995-96年)。絵の具で目を入れる時が一番緊張するという。下絵を描かず、すべて頭の中のイメージで人形を作り上げる(写真提供:彩鳳堂画廊[撮影・武田正彦])

    「うたた寝」(1995-96年)。絵の具で目を入れる時が一番緊張するという。下絵を描かず、すべて頭の中のイメージで人形を作り上げる(写真提供:彩鳳堂画廊[撮影・武田正彦])

  • 関連記事

    • リアルすぎる「浮浪児」の人形 作家が自らの戦争体験を表現

      リアルすぎる「浮浪児」の人形 作家が自らの戦争体験を表現

    • 宮本浩次、名曲「木綿のハンカチーフ」カバーも収録のCDシングル『P.S. I love you』リリース

      宮本浩次、名曲「木綿のハンカチーフ」カバーも収録のCDシングル『P.S. I love you』リリース

    • 【写真特集】フィギュアスケート Japan Open 2019 (女子フリー)

      【写真特集】フィギュアスケート Japan Open 2019 (女子フリー)

    写真の記事を読む
めったに見せない作業場で、平和の尊さを語る与勇輝。こだわっている木綿の質感が、人形の肌を生き返らせる(撮影/写真部・加藤夏子)
「浮浪児」をイメージした作品「無心」(2010年)。与作品は布の彫刻とも言われる。46歳まで勤めたマネキン製作の技術を応用している(撮影/写真部・加藤夏子)
「象徴」(2010年)/粘土で頭や顔を作り、上から石膏をかけて型をとる。その型に貼っていく張り子紙が人形の頭部になる。中の空洞には木毛という細かい木片を入れ、木綿で覆い顔を作る。胴体など各パーツを組み合わせ、何十もの工程を経て完成する。独自に生み出した方法だ(写真提供:彩鳳堂画廊[撮影・武田正彦])
「権威」(2010年)/粘土で頭や顔を作り、上から石膏をかけて型をとる。その型に貼っていく張り子紙が人形の頭部になる。中の空洞には木毛という細かい木片を入れ、木綿で覆い顔を作る。胴体など各パーツを組み合わせ、何十もの工程を経て完成する。独自に生み出した方法だ(写真提供:彩鳳堂画廊[撮影・武田正彦])
「望愁」(2010年)/粘土で頭や顔を作り、上から石膏をかけて型をとる。その型に貼っていく張り子紙が人形の頭部になる。中の空洞には木毛という細かい木片を入れ、木綿で覆い顔を作る。胴体など各パーツを組み合わせ、何十もの工程を経て完成する。独自に生み出した方法だ(写真提供:彩鳳堂画廊[撮影・武田正彦])
「うたた寝」(1995-96年)。絵の具で目を入れる時が一番緊張するという。下絵を描かず、すべて頭の中のイメージで人形を作り上げる(写真提供:彩鳳堂画廊[撮影・武田正彦])
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 【写真特集】フィギュアスケート Japan Open 2019 (男子フリーほか)

    【写真特集】フィギュアスケート Japan Open 2019 (男子フリーほか)

    10/7

    【写真特集】宇野昌磨 公式練習の様子(全6枚)

    【写真特集】宇野昌磨 公式練習の様子(全6枚)

    10/4

  • 雅子さま「文書」にみる回復のきざし 6行→56行に

    雅子さま「文書」にみる回復のきざし 6行→56行に

    AERA

    12/26

    この男がグラウンドに戻ってきた! トライアウトで魅せに魅せた「新庄劇場」

    この男がグラウンドに戻ってきた! トライアウトで魅せに魅せた「新庄劇場」

    12/8

  • 【写真特集】日本ワインと和食のマリアージュを楽しむ

    【写真特集】日本ワインと和食のマリアージュを楽しむ

    11/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す