AERA dot.

終活の第一歩は写真から! 寿影を撮ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優やアイドルを40年も撮り続けてきたグラビア撮影の第一人者、カメラマンの渡辺達生さんが生前に遺影を撮る「寿影」に取り組んでいる。そのスタジオを訪れたのは「週刊朝日」で1千回を超える名物連載「コンセント抜いたか」の名コンビ、作家・エッセイストの嵐山光三郎さん(75)と、イラストレーターの南伸坊さん(70)。さて、どんな撮影になったのか!?

【関連記事】
遺影の常識を覆す!生前に笑顔で撮影する「寿影」 70代コンビが体験してみた

写真=渡辺達生、小原雄輝(写真部) 文=吉川明子

※週刊朝日ムック「高齢者ホーム 2018 プロに教わるやすらぎの選びかた」から