遺影の常識を覆す!生前に笑顔で撮影する「寿影」 70代コンビが体験してみた (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

遺影の常識を覆す!生前に笑顔で撮影する「寿影」 70代コンビが体験してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

嵐山光三郎さん「考えてみると、あらゆる記念写真は遺影ですよ」(撮影/渡辺達生)

嵐山光三郎さん「考えてみると、あらゆる記念写真は遺影ですよ」(撮影/渡辺達生)

南伸坊さん「葬式や位牌、遺影とは、残った家族のもの」(撮影/渡辺達生)

南伸坊さん「葬式や位牌、遺影とは、残った家族のもの」(撮影/渡辺達生)

 自分の遺影を考えたことがあるだろうか。いざという時、“いい写真”がなくて困る遺族が多いそうだ。元気なうちに撮っておくのも準備のひとつ。週刊朝日ムック「高齢者ホーム 2018」では、カメラマン・渡辺達生さんが生前に撮影する「寿影」の取り組みを取材。その撮影現場をのぞいてきた。

【写真】俳優・竹中直人さんらの寿影

*  *  *
 写真スタジオに姿を現したのは作家・エッセイストの嵐山光三郎さん(75)と、イラストレーターの南伸坊さん(70)。実はこのお二人、「週刊朝日」で1千回を超える名物連載「コンセント抜いたか」での名コンビ。とにかく仲の良い二人はこの日、「遺影」を撮りに来た。撮影はカメラマンの渡辺達生さん(68)。女優やアイドルなどを40年も撮り続けてきたグラビア撮影の第一人者だ。

 渡辺さんは今、生前に撮影する「寿影」に取り組んでいる。

「遺影っていうと、やっぱり“遺”という字が強いからね。“寿”のほうがきれいでしょ?」(渡辺さん)

 渡辺さんが「寿影」に興味を持ったきっかけは義父の死だった。葬儀で自分が撮影した写真を飾ろうとしたら、義母に拒否された。

「『夫はもっといい笑顔だった』といって、葬儀社が加工した写真を選んだんです。それがカメラマンとして情けなくて」(渡辺さん)

 まずは同級生などの友人に声をかけて撮り始めた。渡辺さんはいつも「何か一つ宝物を持ってきて」とお願いしており、二人も持ってきた。

 嵐山さんの宝物は、作家・山口瞳さんの形見であるボルサリーノのソフト帽子と、30年前にカイロ博物館で買った、アメンホテップ4世の正妃像のステッキ。南さんの宝物は、中国旅行中に見つけた、相撲をとっている子どもの陶磁製人形だった。

 撮影は嵐山さんから始まった。この日は華やかなアロハシャツに麻のスーツ姿といういでたちだ。

「山口さんは68歳で亡くなったけど、家が近所で仲良くしてくれて。この帽子もずっと使ってたら、縁がはげかかってきちゃって」(嵐山さん)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい